✝ わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。コリントⅡ4.18
ラザロ式典社trademark 十字架の信仰・聖霊の愛・復活の希望
もしもの時 パンフレットのご請求は 0120-430-378 まで!
HOME  キリスト教会の葬式  葬式費用  もしもの時  家族葬について  キリスト教の葬式に参列するとき  会社案内
召 天
この世に生を受けたものは、必ずいつかは神様の御許へ戻らねばなりません。その時がいつかはだれも知りませんが、その時が来ても慌てなくていいように、ここではもしもの時の心づもりを書き出してみました。
病院でご召天の場合、看護師の方が死後の処置をされますので、事前にお着替えの服を準備しておきます。(ご本人が気に入っておられたお洋服や下着をご用意下さい。)処置の所要時間はおよそ一時間ほどです。前後して病院側から退院を促されますので、ご家族様や牧師先生と相談され、どちらにお帰りになるかをお決めください。ご相談がまとまりましたら、寝台車の手配をいたします。ご希望される時刻に寝台車が到着できない場合もありますので、お時間に余裕をもってご連絡ください。寝台車は二名様までご乗車可能です。手荷物程度の荷物なら一緒にお持ちできます。病院から寝台車を紹介されることがありますが、こちらでお願いしていますとお断りください。
取り急ぎご用意頂きます物は、遺影写真用データ或いはプリント、死亡診断書、役所での死亡届で必要な認め印です。(シャチハタなどのゴム印はNG)
前夜祈祷会の始まる前に納棺式を行います。牧師先生が司式をされ讃美と祈りが行われます。故人様のお着替えをされる場合は、それまでに行いますので、ご準備ください。
牧師の司式によりプログラム通りに進められます。式の中では祈りが捧げられ、讃美や聖書の御言葉、故人の略歴、人となりをお話されます。キリスト教葬儀参列をきっかけに教会に通う方も少なくないようです。
式次第は、奏楽、黙祷、讃美、聖書朗読、祈祷、式辞、故人との思い出話、挨拶、献花などです。
牧師の司式によりプログラム通りに進められます。式の中では祈りが捧げられ、讃美や聖書の御言葉、最後に故人とのお別れがあります。キリスト教葬儀参列をきっかけに教会に通う方も少なくないようです。
式次第は、奏楽、黙祷、讃美、聖書朗読、祈祷、式辞、挨拶、お別れなどです。

火葬場へ到着後、火葬前式を済ませ約2時間ほどでお骨上げになります。お骨上げは火葬場職員の方が丁寧に教えて頂けますので、その指示通りに進めてください。複数のお骨壷をご用意されている場合は、分骨証明書が必要になりますので、必要数をご請求ください。
Copyright©2013 lazarus.jp/ 0798-43-0604 All rights reserved.